2019年1月31日木曜日

リウマチ勉強会を開催しました!

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

いろどりでは、新年早々ですが、1月16日、ケアマネージャーさん向けの勉強会を開催しました。

前回の脳卒中勉強会のアンケートでご要望の多かった「リウマチ」についてです。

題して「作って学ぼう!リウマチの知識と生活の工夫」です!


リウマチとはどのような病気で、どんな治療をするのか、といった基本的なことから、
私達はリハビリ、作業療法士なので、日常生活の中で、痛い関節の負担をどうやって解消していくのか、環境をどう整えていったらよいのか、生活の工夫も含めてお話させていただきました。

最近は、良い薬が出てきているので、早期発見で、治療を開始すれば、良い状態を長く保つことができると言われています。病気を理解して、適切な対応をすることで、生活の質を保つことができます。


力を入れなくてもよい包丁やオープナー、便座や椅子の座面を高くして立ち上がりをしやすくしたり、前腕で支えられるように平らな手すりをつけたり。

体がつらいと毎日をこなすことで精いっぱいになって、楽しむ余裕がなくなってしまいます。
負担を減らして楽しい時間を持てる様に、援助していくのが作業療法士の仕事です。


その後は、100均グッズで簡単にできる自助具、ソックスエイドを参加者の皆さんで作りました。足に手が届かなくても簡単に靴下がはける優れものです!

100均のPPシートと、手芸用のひもだけで作ることが出来ます。

型紙からPPシートを切り出して…


穴をあけて紐を通して、輪ゴムで丸めてカーブをつけたら…
出来上がり!
こんな風に使います。

参加者の皆さんも一生懸命作って下さいました。

このような道具があること、身近な素材で簡単に作れることがわかって良かったと感想を頂きました!


その後は、現在のいろどりの取り組みを紹介しながら、お茶とお菓子の座談会。

家にこもりがちな方に何とか外に出て、健康的な生活を送って欲しいという、ケアマネさんの切実な思いを聞き、ここでも何かお役にたてることはないかと真剣に考える時間となりました。

参加者の皆様、お忙しい中お越し頂いて、本当にありがとうございました。

勉強会といいつつ、勉強になっているのはこちらの方だといつも思います。


ソックスエイドのことや、その他、自助具など、お困りのことがありましたらいつでもご相談下さい!

寒い日が続きます。インフルエンザも大流行。
皆様、お体大切にしてくださいね。


2019年1月4日金曜日

新年のご挨拶


新年 あけましておめでとうございます。

皆様 年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。



日頃より 生活リハビリデイいろどり への

ご理解とご支援を賜り 心よりお礼申し上げます。

皆様方のお力添えをもちまして 

生活リハビリデイいろどり も 無事に新年を迎えました。


ご利用者様より とても嬉しい 心あたたまる年賀状をいただきました。
ありがとうございます。




「心が動けば 体も動く」

今年も 利用者様お一人おひとりの想いに耳を傾け

より、質の高いサービスをめざし

職員一同 一丸となって努力してまいります。

本年も どうぞ よろしくお願いいたします。



皆様にとって 今年一年が

明るく 笑顔あふれる 良い年となりますよう

お祈り申し上げます

生活リハビリデイいろどり
職員一同

2018年12月29日土曜日

ご挨拶

早いもので今年も残すところ2日となりました。

9月にオープンした 生活リハビリデイいろどり は

初めての年末を迎えております。



ご利用者の皆様 ご家族様 事業所の皆様 地域の皆様 ブログをご覧の皆様

お世話になり、本当にありがとうございました。



オープン以降
ご利用者の皆様 ご家族様 地域の方から

日々の暮らしの工夫 働くということ 役割を持つということ

楽しみを見つけるということ 挑戦するということ 交流すること

そして、上手に休息をとることの大切さなど

多くのことを教えていただきました。

学びあり 笑いあり 深い頷きあり  

貴重なお話や体験をありがとうございました。


















職員一同 ますます精進してまいる所存です。

来年も 生活リハビリデイいろどり を

何卒よろしくお願い申し上げます。







新年は 1月4日(金)より 通常業務を開始いたします。

皆様 良いお年をお迎えください。

生活リハビリデイいろどり
職員一同

料理倶楽部を開催しました


本日 岐阜市は 雪景色です。
寒い一日となりました。


少し前になりますが
12月12日に料理倶楽部を開催しました。
その様子をご報告いたします。


「デイサービスに行こうか迷っていたの」
「家で閉じこもっているので、外にでて他の人と話がしたい」
「久しぶりに料理がしてみたいわ」
「身体が思うように動かないので、料理をするときのコツを教えてもらいたいわ」
それぞれの思いで、4名の方が参加してくださいました。

今回のメニューは 「煮込みハンバーグ」



















身体の動きに不安がある方には、体の使い方や道具の使い方を
作業療法士よりアドバイスさせていただきました。


作ったハンバーグは
参加者の方々と職員とテーブルを囲み一緒に食べながら
料理の話 毎日の生活の話、思い出話に花を咲かせました。


参加者の声
「いつも一人だから皆と話せて嬉しいわ」
「作ったものを誰かが食べてくれるのは嬉しい」
「家でも作ってみようかしら」
「身体が安定する方法を学べた」
「また参加したい。次回は 餃子 作ってみたいわ」


参加者の方の嬉しい感想とご要望を頂き
 
「料理倶楽部 第2弾!!」 が 決定しました。

1月30日(水)
「餃子」を作ります。

ご興味のある方、
デイサービスをちょっと覗いてみたい方
一歩、外に出てみようかな~と考えておられる方

職員が送り迎えいたします。

一緒に料理とおしゃべりを楽しみませんか?



ご参加 お待ちしています。

生活リハビリデイ いろどり
作業療法士 服部

2018年12月15日土曜日

いろどりの風景

寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じるころとなりました。
いろどりのブログへようこそ。


先日の 生活リハビリデイいろどりは
懐かしい音楽が流れていました
ご自宅よりお持ちくださった
「不滅の歌謡全集」

メロディーを口ずさみながら 手元も心も軽やか~










ご家族からのプレゼント
ペーパーの飛行機模型も
徐々に立体的になってきました。

来年、春の完成を目指します!














クリスマスの飾りも、工程に一工夫、二工夫

「針に気をつけてね~」と職員の心配をよそに、確実に松ぼっくりに針と糸が通ります

完成!!ちょっと照れながら「なかなか、いいな~」と笑みがこぼれる

「クリスマス終わったら、正月の飾りを考えなくては・・・」
利用者様の頭の中は、次の段取りへと向かっていました。





別室では、歌声が🎶
「以前通っていたカラオケまで歩いて行きたい」
「タクシー呼べば、今だって行けるけど、歩いて仲間に会いに行きたい」
春までに、体力の向上と歌唱力の維持(いやいや、もっと上手くなって)のため
いろどりでの活動が続きます。


お一人お一人の、現在の生活目標、未来の目標に向かって

春が楽しみですね。



作業療法士
服部

2018年11月11日日曜日

第2弾 脳卒中と生活リハビリ 勉強会のお知らせ

秋も深まり 日が短くなってまいりました。
山々や公園、路地の木々の色の移ろいがこれから楽しみですね。


いろどりでは
11月14日(水)14:00~15:30
体験して学ぼう! 脳卒中の知識と生活リハビリ」
第2弾を開催いたします。
 




第1回の様子は 10月19日投稿のブログを是非ご覧ください。

今回も  脳卒中はなぜ起こる?  どんな症状?  生活はどうなる? を学び

片麻痺体験スーツを着て、実際の家事動作を体験すします。

道具や動作の工夫で、役割楽しみは継続できるんです。


体験の後は、日頃の悩み 作業療法士への疑問や要望など

ざっくばらんにお話出来れば嬉しいです。

皆さんのご参加、お待ちしています!

生活リハビリデイいろどり
作業療法士 服部


2018年11月9日金曜日

早田地区文化祭に出品しました!

木々の紅葉から、少しずつ秋の深まりを感じます。

とても好きな季節です♡


さて、11月9日(金)、10日(土)で、早田公民館で、早田地区の文化祭が開催されています。

地元の方々が、日々作られた作品を披露する、年に一度の機会です。

いろどりと同じ系列の、同じ早田地区にあるデイサービス、恕庵はなれは、

昨年から、デイで作った色んな作品をこの文化祭に出品しています。


今年も、恕庵はなれから作品を出品しました。
個人の作品から、みんなで作ったもの、並べるととてもいい感じです。


下側の写真の右側をよく見ると…。


生活リハビリデイいろどりも出品しました!

こちらの作品は、とっても芸術家肌の男性の利用者様が、パズルの抜型に色を塗って
作ってくださったものです。

私にとっては、抜型はいらなくなった捨てるものでしかありませんでしたが、

利用者様にとっては、自分を表現する、素晴らしい材料になるのです!
とても楽しそうに色を選んで塗っていく利用者様が印象的でした。

発想に脱帽です!


毎回、こんな素晴らしい発見があるいろどり。

来年は、たくさんの作品が文化祭に出せるといいなと思います。


他にも素敵な作品が展示されています。

良かったら足を延ばしてみて下さいね。


いろどり 作業療法士 樅山貴子

2018年11月6日火曜日

自助具 釘付きまな板

菊の香りがただよう季節となりました。

いろどりのブログへ 訪問いただきありがとうございます。

今回は、10月17日のいろどり勉強会
「体験して学ぼう! 脳卒中の知識と生活リハビリ」
で使用した、「釘付き まな板」の作り方をご紹介いたします。

勉強会にむけて 職員が手作りしました。


片麻痺の方が料理をするときに材料の皮を剥いたり、切ったりするときに
便利でよく使われるものです。
市販品もあります。


【作り方】
①まな板に3点印をつけます

②キリで穴をあけます(大きすぎな様に)
 
  電動ドリルで穴をあけると楽です。
  ドリルが無かったので地道に穴をあけました(^^;)

③まな板の裏面に釘の頭が入り込む位の丸い凹みを
 彫刻刀で掘ります。 
     釘の頭でテーブルに傷がつかない為の工程です
     セラピストによってやったり やらなかったり

④ステンレスの釘を裏から金槌で打ち込みます

  錆びない様にステンレスの釘を使います。
  先をやすりで少し削るときもあります。
  丸くしすぎると材料が刺さらないので様子を見ながら・・・ 

  フォークの先を使う場合もありますよ。

 ☆まな板の裏面の四隅にゴム足をつけたり
  滑り止めやふきんを敷くと固定性が高まり作業がしやすいです。

 ☆釘やフォークの先の部分が危ないので
  メラミンスポンジやバスマット、食器スポンジなどで
  安全に保管しましょう



道具の工夫で、楽しみの料理、役割としての料理、交流としての料理
研究としての料理・・・ をもう一度
得意料理は何でしょう?
ご家族に好評だったメニューは何でしょう?
皆で囲んでのお鍋やすき焼き お好み焼き ホットケーキ・・・
皆の笑顔が浮かんできますね(^^)

いろどりでは、釘付きまな板を使って
「体験して学ぼう! 脳卒中の知識と生活リハビリ」第2弾!!を開催いたします。
11月14日(水) 14:00~15:30

お誘いあわせのうえ、是非、お越しください。

生活リハビリデイ いろどり
作業療法士 服部

2018年10月19日金曜日

脳卒中勉強会を開催しました!

10月17日(水)、生活リハビリデイいろどりにて、脳卒中の勉強会を開催しました!

お忙しい中ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。


脳卒中といっても、原因も症状もさまざま。

後遺症が残ったら、その後の生活は大変なんじゃないか?
何にも出来なくなっちゃうんじゃないか?

いろんな疑問や不安に答えて、脳卒中になってもできることはたくさんある!
その人のしたい生活を支えるために、どうしたらよいかを考えよう!

というわけで、講義、体験、座談会の3本立てで行いました。


はじめに、脳卒中とは?その原因、種類、さまざまな形で現れる症状など、生活リハビリでどんなことができるようになるのか?事例を挙げてお話させていただきました。



その後は、生活リハビリ体験!ということで、参加者の方に、片麻痺体験スーツを着て、片手での包丁動作にチャレンジしていただきました。


手首、ひざ、足の関節を固定して、利き手を体に固定します。

参加者の方も、「思ったより動きにくい!」



その状態で、釘の付いたまな板に、クッキー生地を刺して固定し、包丁を入れていきます。

釘付きまな板で、材料を固定することで、片手でも切ることが出来ます。

じゃがいもやにんじんも、こうすれば片手で皮をむいたり、一口大に切れて、料理の幅が広がります!


まな板の高さや姿勢を調整することで、よりやりやすくなります。

参加者の方も、「こういう道具を使えば出来るのか!」

ちなみに釘付きまな板は、市販のまな板に釘を刺して、手作りしたものなんですよ!(^^)!。


切ったクッキー生地は、オーブンで焼いて、おみやげに♡



その後、片手でお茶を入れる体験もして頂いて、おいしいお菓子と共に座談会へ。

日々のお困りごとを伺ったり、どんな方にどんな生活リハビリが出来るのかお話したり、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました(#^^#)


みなさん、目の前の、生活に困っておられる方をなんとかサポートしたい!という
同じ思いを持った者同士。

情報を共有し合うことで、つながり、次のサポートが生まれるきっかけになればと思います!

様子はこちらでも。




そして、第2回の勉強会の開催が決定しました!

今回と同じ内容で行います。

ご興味を持たれた方、お時間があれば、ぜひお越しください!


お待ちしております!

作業療法士 樅山貴子









2018年10月3日水曜日

脳卒中の勉強会を開催します!

台風の合間の貴重な秋晴れですね。

お出掛け日和、洗濯日和ですが、いろどりでは穏やかな時間が流れております。


さて、今回、生活リハビリデイいろどりでは、

勉強会を企画しました!

10月17日(水)14:00~15:30

「体験して学ぼう!  脳卒中の知識と生活リハビリ 」です!



脳卒中は高齢者の発症率も高く、症状もさまざま。後遺症も心配されます。

身体が思うように動かなくなったら、

何にも出来なくなっちゃうんじゃないか、と思われがちですが、

その後のリハビリや、いろんな工夫で、出来る事は、実はたくさんあります!


今回の勉強会では、

なぜ起こる?  どんな症状?  生活はどうなる?

といった疑問にお答えすることと、

生活リハビリデイいろどり らしく、

片麻痺体験スーツを着て、実際の家事動作を体験することで、

どんな風に生活リハビリが進んでいくのか?を

皆さんに知っていただけたらと思っています!


リハビリって、体を動かすだけじゃない。

出来る事を増やして、幸せな人生を送ってもらうためにあるものなのです!


美味しいお茶とお菓子を頂きながら、いろんなお話が出来たら嬉しいです。

皆さんのご参加、お待ちしています!

お問い合わせもお気軽にどうぞ♥

作業療法士 樅山貴子


2018年9月27日木曜日

秋の訪れ

今日の 生活リハビリデイいろどり は
秋を感じる藁の香りがいっぱい!!

職員が無造作に置いた藁を
「大きさをそろえてあげる」 と
利用者様が仕分けをして下さいました。




その手先は、時間をおうごとに素早く効率を増していく・・・
ご本人も「やっているうちに 体が思い出してきたよ」とニッコリ

子どもの頃
田を耕し、軍隊馬や蚕の世話をし、
山へ薪を集めに行き、 家計を助けたのだそう

日が明るい時 日が暮れてから
冬は冬 夏は夏  それぞれで作業が異なる・・・

生活は、それらの作業の工夫の連続が大切
と 教えていただきました。

そんな 話をしている間に
藁は見事に 大・中・小 に揃え分けられました。凄い!!




「次は、これで 箒を作ってあげるね」と利用者様

作業を通じて、想い、感じ、動き、考える

来週が待ち遠しいです(^^♪

 
生活リハビリデイいろどり
作業療法士 服部

リウマチ勉強会を開催しました!

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? いろどりでは、新年早々ですが、1月16日、ケアマネージャーさん向けの勉強会を開催しました。 前回の脳卒中勉強会のアンケートでご要望の多かった「リウマチ」についてです。 題して 「作って学ぼう!リウマチの知識と生活の工...